仕事の合間でもできる簡単ダイエット

>

ダイエットの必要性

ふくらはぎと足首の引き締め

座りっぱなしのお仕事である場合、特に足のむくみやコリに悩まされることが多いようです。
太もものあたりで血管やリンパ節が圧迫されて、流れが滞りがちになってしまいます。
重力の関係もあり、血液やリンパ液は下半身にたまりやすいですから、それを改めて上半身に戻すためにはふくらはぎや太ももの筋肉強化が必要です。
これらの筋肉は、流れを良くするためのポンプの役割を果たしてくれています。
電車通勤をしている方であれば、電車の中で立っている時、つり革につかまって安定したポジションをキープしながらつま先立ちをしてみましょう。
10秒くらいかかとを挙げておろす、これを何セットか回数を決めて繰り返してみましょう。
最初からやりすぎると、職場で足がつってしまったりするので、少ない回数から始めましょう。
大切なのは続けることです。
つり革につかまるときに二の腕も意識するようにすると、こちらにも効果があります。

姿勢を正しくするするだけでエクササイズ

朝起きて会社に行くとき、または会社で仕事をして疲れて家に帰るとき、できれば楽な姿勢でいたいところです。
あえてその気持ちを振り切って、姿勢を正しくすることを意識してみましょう。
電車などで立っている時も、座っている時でも同様です。
背筋を伸ばし姿勢を正しく保とうとすると、腹筋が緊張していることに気付くはず。
腹筋とともに、背筋や脇腹にも力がはいっているのです。
つまり、正しい姿勢をキープするには、お腹周りの筋肉が大切ということです。
言い換えれば、動いている乗り物の中で正しい姿勢をキープすることによりお腹まわりの筋肉が鍛えられ、引き締まってきます。
ウエスト周りの引き締めに効果があるので、メリハリボディーにまた一歩近づけますよ。


この記事をシェアする